Art/Film/Music/books

パイレーツ・ロック (the boat that rocked)

だれですか?この映画を「Shit」だと言ったのは?
(※イギリス人のモッズの友人)
その言葉を信じて見なかった私って・・・。
モッタイナイ!

レアなレコードに囲まれて、ステキなイベント満載で楽しんでる
彼からしたら、確かに「Shit」かも知れないけど、
まぁエンディング曲のチョイスとか確かにあれだけど。。。
でも、ファッションからヘアスタイルから音楽まで最高でした。
ひさびさに、あの懐かしい日々を思い出した。

25f5bb7c.jpg

8人のDJが登場するんだけど、なんだか昔のあの人や
あの人に髪型と顔が似ていて、切なくなりまくり!

o0500033210297879621.jpg
上の映像をみながらカッコイイ~!を連発していたら、
左から2番目でしょ?と指摘された。
だって"っぽい"もん、と。

midnightmark.jpg
mark.jpg
そうなんです。midnight markが"っぽい"んです。

まるで誰かさんのようで苦笑しながらも、メロメロになってしまった。
どう?「彼」を知ってるみなさん。
"っぽく"ない?

simple simonはあのコ(あのコの方が全然若いけど)っぽい。

ちなみに勢いあまって、midnight markの俳優さんのwebsiteを
見に行ったら(笑)これっぽっちも似てなかった。
要は髪型とファッションとセクシー路線&
モテっぷりが似させていたんだな、という結論。

やっぱりここでもsexy oneを選ぶのね私・・・。
リス・エバンスも好きだけどさ~。
スポンサーサイト

ゴールデンスランバー

この映画で1月に映画館で見た映画数は7本!
なんだか1月はすごく沢山の映画を観たなぁ・・・。

ゴールデンスランバーは
原作が伊坂幸太郎なので、やっぱりいつものごとく
ロケ地が仙台ってこともあって、仙台出身のワタシ、
この人原作の作品は2倍楽しんでる気分になれます☆

今回も最初から、
「うわ~、藤崎だ~!」
「おお!八木山ベニーランドの歌だ!」
「加茂団地だって、ワハハハハ!」とローカルネタに
ウケていたのですが、

ある住宅街が映った瞬間、飲んでいた飲み物を
思わずブブブブーッ!!!とふき出してしまいました!

だってだって、実家の横の道路を堺さんが走っている!!!!
その後を竹内さんが歩いている!!!!
小学校の頃、学校帰りに探検した原っぱが重要なシーンに使われている!

わが町が映画デビュー!
かなり衝撃的な出来事でした。

(500)日のサマー

めったに行くことのない、銀座で
(500)日のサマーを観てきました。

chn20_rpt11771_500_01.jpg
超、超、超、超ヨカッタ~~~~~~っっっっっ!!!!

運命の出会いを信じている男の子トムが現実主義の女の子サマーに
出会ってからの500日を彼目線で思い出しながら始まるストーリー。

片思いのキューンとする気持ちとか、
想いが通じて、ウキウキハッピーって
踊りだしたくなっちゃう気持ちがいっぱい詰まってて、
見た後、ぽわ~んとした気持ちになる映画。

サマー役のズーイーは決して美人じゃないのに、
キュートでセクシー。
黒髪、ブルーアイズは鉄板ですよね!うん。

主人公の男の子も、「このヒヨッコが!」って
言われるような、頼りないルックスで
笑うと目とまゆがふにゃっとなって、
とにかくカワイイのです。
アメリカ人にしておくのがモッタイナイわ!

ストーリーの中に、サマーが紹介した
belle and sebastianのThe Boy with the Arab Strapが
ヒットしたってシーンがあるのですが、
日本語訳ではカットされちゃっているので、
注意して聞いてみてね☆
(↑ベルセバファンとして押しときます)

たぶん、あと1回観に行っちゃうかも!


読書月間?

0907book.jpg

好きな作家さんの新刊ラッシュ!
今日まとめ買いしてきた、重かった・・・。
恋愛モノ、和製ファンタジー、ミステリー、エッセイマンガとジャンルばらばらだけど。

「日本人の知らない日本語」はマンガだから帰りの電車の中で
あっという間に読み終わってしまった!
これ、外国人の友達に貸して反応を見たいと思いマス!

ハードカバーは自宅で、文庫本は通勤のお供になる予定。
森見さんの「恋文の技術」、実はまだ読み終わってないケド。
ハハハ。

重力ピエロ

公開初日!舞台挨拶アリ!に行ってきました。
伊坂作品は大好きでほぼ全部読んでる私です。

伊坂ファンで、岡田くんファンで、加瀬さんファン。
うわ~~、こんなオイシイ映画みないでどうする!ですよ。
テンションマックスです!

5a41d976.jpg

原作より泣けました。じ~んときました。
好きな俳優さん効果でしょうか・・・。

仙台出身のワタシには懐かしい住所や場所が山盛りで、
一瞬見ただけでそこがどこだか分かってしまう。
「五橋から走って次の瞬間には泉中央駅にいるって、
一体何十キロを数分で走ったのヨ!」
なんて心の中でツッコミつつ・・・。

懐かしい気分に浸ったのでした。
そろそろ里帰りしようかなぁ。

ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー 展

hermes.jpg

40台のスピーカーに、一人一人の歌を録音して流す、インスタレーション展。
真ん中で聞くと見事な合唱曲だけど、スピーカーの前を歩きながら聞くと、
それぞれのパートをどんな風に歌ってるか聞こえるのがとっても面白い。

もうひとつの部屋は真っ暗な中でライトひとつで照らしながら
カヌーを永遠に漕ぐエキシビでした。

それにしてもこのギャラリーは銀座のエルメスの中にあるので、
入るときにかなり緊張します(笑)

この後H&Mに寄って、その後日比谷公園でまったりしました。

「フジタチサトのいきもの陶器」展

青山スパイラルで開催されている「フジタチサトのいきもの陶器」展に
行ってきました!
見るだけにしようと心に決めていたはずなのに、に、に・・・・
あまりの可愛さにノックアウト!!!!
またもや散財してしまった・・・。

前回のイベントではカピバラさんの湯のみを購入したけど、
今回はお茶碗、湯のみ、れんげを購入。

作品も沢山あってほんとに迷いました。
ボコボコかごに入れてる人を羨ましそうに眺めつつ・・・。

fc1.jpg
黒ベースの作品を3つ

fc2.jpg
お背中流しお茶碗。みんなで輪になって背中を流してるイラスト。
カワイイ~~~!!

fc3.jpg
内側はこんな感じ。おサルと湯船に浸かってるイラスト。

fc4.jpg
ハイエナの湯のみ。骨がいい感じ。

fc5.jpg
ウーパールーパーのれんげ。ドットがかわいいです。

どの作品も内側と底に小さなクスっと笑ってしまうような
イラストが書いてあったりします。

リャマ、バク、ナマケモノ、プレーリードッグ・・・
ちょっと変わった動物が多いのも特徴かな?

次回はポットとか欲しい・・・。
時間をかけて少しづつ集めて、並べてみてはニヤけようと思ってます。

そのためには、フジタチサト貯金しなくちゃだわ。。。

oopa.gif

KEANE@STUDIO COAST

DSCF1783.jpg

お友達の幼馴染がKEANEのサウンドエンジニアだかプロデューサーだか
なんだかやってるらしく、ゲストで入れるよって誘われたので行ってきました。
行く前にyoutubeで聞きまくって予習してったよ。

すっごいキレイな声で感動。
ライブでうまいってすごいことだと思うわ~~。

お友達が気前良くお酒をおごってくれたので、
お酒飲めないんだよねとも言えず、
調子に乗って飲んでたら気持ち悪くなってしまって、
こっそりトイレで、リバースしました・・・。

友達に、「幼馴染み探さなくていいの?」って聞いたら、
もう10年も会ってないって・・・(笑)
「じゃあ顔絶対変わってるじゃん、探せる?」って言ったら、
「大丈夫、FACE BOOKで写真見てるから!」って言いながら、
あのガッチリしたヒゲの人だと思うって、彼が指差してたのですが・・・。

数分後gigが始まってから声掛けてきた人は長身メガネの爽やか青年でした・・・。
ぜんぜん違うじゃん!!!(笑)

彼が「そのバッグカワイイね、日本の女の子のファッション好き」
って言ったので、すかさず、
「あ、これCath Kidston。イギリス製、あなたの国の商品ですが」
って言ったら笑ってた。

幼馴染情報によればKEANEのみんなは権八にご飯行って、
次の日にはもう帰っちゃうとのこと。

ひさびさに涙流してすっごい笑った~~、楽しかった!

ホノカアボーイ

「ホノカアボーイ」を観てきました。
ハワイの北部にある「ホノカア」という街が舞台のお話。
「かもめ食堂」とか「めがね」とかああいった雰囲気の映画です。
ハリウッド超大作みたいなのより、こういう方が好き。

今回初プレミアスクリーン体験しました。
ペアソファシート、フッカフカ。
こんなまったりした映画をソファシートでなんか観たら、
居心地よくて眠くなっちゃいます・・・。

ワタシひそかに主人公の岡田くんのファンなのです。
口元がMさんそっくりなんですもの。
彼の映画はほぼ映画館で見てるかも・・・。
でも彼が出てるから観に行くというのではなく、
観たいと思う映画に彼が出演している確立がかなり高いのです。
この前はハルフウェイ観てきました。
岡田くん、テレビドラマに出ないで、こういう路線で行ってくださいな。

映画の中に出てくるビーさんが作る数々のお料理が本当に美味しそうで、
お腹が減りました。

ビーさんのロールキャベツを今度作ってみようかなぁ。
映画で見た限りでは、
ソーセージのみじん切り、たまねぎのみじん切り、
ひき肉、ご飯、チーズを入れてまぜたものをキャベツで巻いて、
小麦粉をふりかけ、フライパンで一度焼いて焦げ目をつけて、
鍋にいれ、サワークリームと生クリームベースのソースで煮込む。
という感じに推測されます・・。
ごはんがスープを吸ってジューシーに仕上がるのだそう。
roolcabedge.jpg

malasada.jpg
マラサダっていうドーナツみたいなお菓子↑も、
かじるとサクッって音がして美味しそうでした。

NEC_1098.jpg
ローソンで売ってた、ビーさんのマラサダはただのドーナツだったけどね・・・。

ハワイ、ちょっと行きたくなったかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。