クッキング

モロッコ料理教室

ひさびさにモロッコ料理教室に参加してきました。
お祝いの席で食べるクスクスなんですって!
カラメライズした玉ねぎとスパイスたっぷりのチキン!

正しいクスクスの作り方を教わって目からウロコでした。
モロッコの人は蒸し器で蒸して、鍋からおろして、手で混ぜ、
また蒸して、手でまぜ、もう一度蒸して、最後にオリーブオイルを
手で混ぜる、という実に手のかかる方法。

箱の裏に作り方として載っている、
茹でてからあまったお湯を捨てるなんて調理法は、
モロッコ人からしたら、ありえないんだって!

イギリスに住んでる時、イギリス人がお米をお湯で茹でて、
ちょうどよい柔らかさになったら、ざるでお湯をきってたなぁ、
まるでパスタのように…。
あれを見たときはかなり衝撃だったから、
モロッコ人の言いたいことは理解出来る。

207486_10150163134837449_529537448_6731328_5769920_n.jpg
スポンサーサイト

ファラフェル&フムス

無性に熱々揚げたてのファラフェルとナスを入れたピタパンが
食べたくなったけど、どこで食べればいいの?
神泉・・・遠いな・・・でも食べたい!

じゃ、作るしかないよね。
という結論に行き着いたのがいいけど、
果たして高円寺で材料がそろうの?
ドキドキ・・・と「東京屋」さんに行ったら、
ピタもガルバンゾ(ひよこ豆の水煮缶)もクミンも
ごまペーストも売っていたので、早速購入!

途中スーパーでナスとコリアンダーとキャベツも買って。

フードプロセッサーでゴリゴリやって、
ファラフェルとついでにフムスも作ってみた。

フムスが予想以上に美味しく出来て、カンゲキ☆

DSCF8721.jpg

ところで家に帰ったら、クミン持ってたことに気づいた。
ウチにはそうやって、スパイス類が2個ずつ存在している…。
クミンなんてそうそう減らないよねぇ…。

Chocolate Chocolate Chocolate!

手作りしてみたよ。

DSCF8713.jpg
チョコマカロンと

DSCF8715.jpg
チョコレートチーズケーキ


マカロンのお星様は金箔で出来ていて、
チョコレートチーズケーキのナッツは、キャラメライズしたので、
ホロニガでカリカリで、いい感じに出来た~。

マカロン、本当は100%のシュガーパウダーで作らなくちゃいけないのに、
うちにあったのが、コーンスターチ入りので、
(っていうか家にある材料で作るのがダメって感じだけど)
ちょっとヒビが入ってしまった。
プロじゃないし、しょうがないよね~!

ベトナム料理教室 その5

ベトナム教室、今回はお米を使ったメニューを習います。

メニューはこちら
■Banh Khot(ベトナム風プチお好み焼き)
■Ca tim xao thit bam(豚ひき肉とナスの炒め物 )
■Bun Bo Hue(フエの牛肉麺)
■Che Xoi Tim(黒もち米の羊羹風スイーツ)
■Nouc hot e(バジルシードドリンク)
■Vietnamese coffee(ベトナムコーヒー)

Banh Khot(バイン・コット)はココナッツミルクで作る
ベトナム風のたこ焼き。
vietnam0321_3.jpg
前回ベトナム旅行に行ったとき
バインセオ専門店で食べたことがあります。
ベトナムで食べた時は中のココナッツが半熟っぽい感じで
トロっとしてましたが、今回のはサクっとしていて、
たこ焼きの形のバインセオのような感じでした。

vietnam0321_1.jpg
バジルシードのドリンク。
緑はパンダンのエキスで色をつけてます。
バジルシード以外にも向こうで人気の水で戻すとふやけて
大きくなる実を2種類くらい入れてました。

vietnam0321_2.jpg
なすの炒め物は中華っぽい味。
ヌクチャムで食べるところがベトナムっぽいかな。

vietnam0321_4.jpg
ブンボーフエ。酸っぱくて辛いスープと
お米で作ったモチモチ麺を使ったフエ料理。

vietnam0321_5.jpg
テーブルセッティング

vietnam0321_6.jpg
黒米とココナッツのモチモチしたデザート

コロンビア料理教室 3回目

コロンビアのカミラさんのクッキングクラス。
colombia1002_1.jpg

この日は「アヒアコ」パーティーでした。
colombia1002_6.jpg

アヒアコは、コロンビアの伝統的なスープ。
colombia1002_3.jpg
南米の美味しい野菜をいっしょくたに煮込み、
そのスープと中に入れるさまざまなトッピングを
テーブルの上に並べて食べます。
colombia1002_2.jpg
アンデスポテトやチョクロというもちもちっとしたホワイトコーンが
入り、コロンビア特産の香草グアスカスで香りを付けるのが特徴。

他に、エンパナーダというとうもろこしの粉で皮を作った
コロッケのようなお惣菜と
colombia1002_5.jpg

ポストレ ティピコというデザート
(なんとグアバペースト、キャラメルソース、モッツァレラチーズ
という異色の組み合わせ!)
を作りました。
そういえば、コロンビアの人ってホットチョコレートに
チーズ
を入れるんだった・・・。
colombia1002_4.jpg

モロッコ タジン

金曜日の夜にタジンを作りました。
NEC_1207.jpg
鶏の手羽元とラムを一緒に入れて、プルーンを入れようと
思ってたのに、買い忘れちゃったので、
ちょうど家にあった甘酸っぱい紅玉を追加投入。
煮込んだらトロトロになっていいアクセントになりました☆
リンゴもありかも~

モロッコタジンにはかかせない、
塩漬けのレモンなんてものは作ってないので、
フレッシュレモンを入れたけど、それなりに
モロッコ風になったと思います!

その他の材料は
トマト缶、たまねぎ、にんにく、パプリカパウダー、
大根、にんじん、じゃがいも、クミン、コリアンダー、
です。

最後に卵を上に乗せて、蓋をして火が通ったら出来上がり!
だけどその写真は撮りわすれちゃった・・・。

アメリカ料理教室 (ロバート先生) その2

パーティーサンドウィッチのクラスに参加してきました。
ロバート先生のクラスはソースも既製品を使わないので、
とっても勉強になります。
なんたって今回はサウザンドレッシングまで作っちゃいましたよ!

サンドウィッチなんて、習わなくても~って思うなかれ!
コンビにとかで売ってる、ただ食パンに具を挟むだけのものじゃないのです!

1001rob1.jpg
1st Sandwich: Falafel(ファラフェル)
ひよこ豆をにスパイスを入れてコロッケにして、
ゴマをたっぷり使ったソースをかける
中近東のヘルシーなサンドイッチ。

1001rob2.jpg
こんな感じでピタパンに挟んでいただきます。

1001rob3.jpg
2nd Sandwich: Rueben sandwich (ルーベンサンド)
自家製コンビーフにザワークラウト、スイスチーズを挟んだ
ニューヨークの定番サンドイッチ。ライ麦パンで。

1001rob4.jpg
3rd Sandnwich: Oyster poorboy(オイスターポーボーイ)
新鮮な牡蠣をフライにし、サウザンドレッシングをかけて
ロールパンに挟むアメリカ南部の名物。

1001rob6.jpg
4th Sandwich: Monte Cristo Sandwich(モンテクリスト・サンドイッチ)
ターキーやチーズを何層にも重ねて、フレンチトースト風に焼いた
サンドイッチ。南カリフォルニアで人気だそう。

1001rob5.jpg
4種のサンドウィッチの盛り合わせ☆
ポテトチップス、ピクルスも一から作りました~!

1001rob7.jpg
Dulce de Leche Cheese Cake(ドルチェ・デ・レチェ・チーズケーキ)
ニューヨークスタイル・チーズケーキをキャラメル風味に仕上げました。

1001rob9.jpg
こってり濃厚なお味です。

1001rob8.jpg
Horchata(オルチャータ)
原型はアラブで、スペインからメキシコに渡った飲み物。
スペインではカヤツリという植物を使い、
メキシコやアメリカでは米を使ったドリンク。
シナモンが効いていてやみつきになるおいしさ!
3杯もおかわりしちゃった~~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。