スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ その3 【ミコノス島へ】

さて、フィラからロープウェイに乗って、港に着いて、ウロウロするけど、
一向にそれらしき船が見当たらない。
おかしいなぁ、来るのが遅れてるのかな?と待つこと30分。
miconos10.jpg
英語が通じるとは思えないんだけど・・・。でも・・・
と超ローカルなおじさんたちに聞いてみる。
やっぱり通じない。。。えーん。
でもチケットを見せると、身振り手振りで説明してくれた。
どうも「キミ達は間違った港に来ている!ここじゃなくてあっちの港だ!」
と言ってる様子・・・。

え~っと、ギャー!!出発まであと30分ですよ!
どうしよ~~~(汗)

あわてて、ロープウェイに乗り込む。(上まで15分くらい)
乗り合わせた男の人、ギリシャ人っぽいけど若いからきっと
英語大丈夫だと思う。
「あの~~・・・」と状況を説明。
彼によれば、この港から別の港までは車で30分くらい。
この島では流しのタクシーはないので、電話で呼ぶしかない。

あああ、もうムリですね。サヨナラ、ミコノス・・・。
でも、このお兄さんが携帯でタクシーをロープウェイの駅まで
呼んでくれたんです!いい人だ~!!(涙)

ダメもとで行って見るか!

タクシーのおじさんに、「○時○○分の船に乗りたいんですけど、
間に合うでしょうか?」と聞くと、
ニヤリと笑い、「まかせなっ!」トライしてみるぜ!と頼もしいお言葉。
ホントは車で30分の道のりを15分で行けるのかっ!
たのむぜ、おじさん!

でもね、後悔しましたよ、だってものすごいスピードで走るんだもの。
街から港に降りるには断崖絶壁の細い、いろは坂みたいなところを
降らなくてはならない・・・。
そしてそこにはガードレールはない・・・。死ぬかと思った・・・。
santorini12.jpg

ロープウェイのお兄さんとタクシーのおじさんの連携プレイにより、
今まさに、船と港をつなぐステップを取り込もうとしていた船に
滑り込みセーフできました。ヤレヤレ・・・・。
と思ったらまだ早い!

船がね、思いのほか小さくて。。。それでねすごいスピードなワケです。
船内はスーツケースでギュウギュウで、通路がふさがれてる状態。
そして波がすっごい高かったみたいで、揺れる揺れる。
どのくらい揺れたかっていうと、4~5時間ずっと軽くトランポリンするくらい・・・。

最初に飲んでた酔い止めが全然効かないの!!
もう、殺してくれ~~ってくらいの気持ち悪さ、
でもギュウギュウで動けなくて吐くことさえムリ。
ここで吐いたら全員がもらいゲロだわ・・・フフフとか怖い想像するほどに
頭がモウロウとしてきたので、酔い止めをさらに追加して、
もう意識を失うくらい眠りに落ちようと思ったのでした。

悪夢の4~5時間後、無事にミコノス島に到着!
神様アリガト~~~~!!!

miconos6.jpg
夢にまで見たミコノスの地(港)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。